待望の続編『トップガン』の製作には、さまざまなチャレンジがあった。一番大変だったのは、ジャケットです。

待望の続編『トップガン』の製作には、さまざまなチャレンジがあった。中でも特に重要だったのは、スターをアクションの中心に据えて、目を見張るような空中アクションを撮影する方法を見出すことだった。(ジョセフ・コシンスキー監督によると、この努力の結果、800時間分の映像が完成したそうだ)。

「一番大変だったのは、ジャケットです。トムはジャケットにとても苦労していました」とMaverickの脚本家Christopher McQuarrieはEmpire誌に語っています。トニー・スコットが監督した『トップガン』では、様々な場面でクルーズがワッペンのついたアビエータージャケットを着用している。しかし、このジャケットを復活させるべきかどうかという問題は、本当に頭痛の種でした。「あのジャケットは、多くの人にとって大きな問題だった。みんな、『マーベリックの大きな特徴だ!』と言っていた。

最終的に、マーベリックのヴィンテージジャケットには、特定の機能を持たせるという解決策が見出されました。「マーベリックのヴィンテージジャケットには、特定の機能があります。ラッキーなジャケットなんだ」とクルーズは言います。マッカリー監督はこう説明します。「今、私たちは彼にクローゼットを開けさせ、奥に入り、それを取り出して特別な機会に着せるのです。私はトムに『あなたがジャケットを着るのであって、ジャケットがあなたを着るのではない』と言ったんです。マーベリックはマーベリックのままだが、過去に囚われてはいないんだ。"

トム・クルーズが演じる「トップガン」のフライトジャケットには、台湾と日本の国旗が検閲されている予告編映像がありますが、5月25日(水)に台湾で公開される映画館では、両方の国旗が表示されています。5月25日(水)に全国の映画館で公開される台湾での劇場公開では、両国の国旗が表示されています。



2019年7月、トム・クルーズ演じるピート・"マーベリック"・ミッチェル大尉が着用する革製ボンバージャケットの背中を含むシーンで、日本と台湾の国旗を編集し、意味不明な記号に置き換えたパッチが登場!!3年後、5月に待ちに待った『トップガン』の公開を控え、多くのネットユーザーが、台湾と日本の国旗が映画に登場するのかどうかを推測し、5月22日にサンディエゴ海軍基地で行われた先行上映会で、復元された国旗を見たことを発表。

映画のオープニング・クレジット・シーンが始まると、マーベリックが古いロッカーでジャケットを吟味しながらゆっくりと着用していく姿が映し出される。台湾と日本の国旗が描かれたオリジナル版の海軍パッチがはっきりと確認できる。


全世界で公開された「トップガン」で見られたマーベリックのジャケット。マーベリック。(スクリーンショット:"Top Gun: Maverick. "より)

実はこのパッチは、ガルベストン号が1963年から1964年にかけて第7艦隊に所属し、日本や台湾で任務に就いたことを記念して作られたもの。台湾の視聴者は、台湾の国旗が復元されたことに胸をなでおろした。





Paryiが全力で教える「髪」の描き方 ヘアスタイルにこだわる作画流儀



もう少し丁寧だと…

Paryi
キャラクターデザイナー。
多様なジャンルのキャラクターデザインに携わる。
Twitterにはオリジナルキャラクターイラストなどで1万RT以上超えるものが多数。Live2Dを使用したGIFイラストを得意としている。

【キャラデザの神技をまるごと明かす! 】
髪の作画に定評のあるキャラクターデザイナーParyiが、どのように考え、どのように描いているか、基本もこだわりもまとめて語りつくします。

●髪の基本から応用までParyiの描き方と考え方がしっかりわかる!

・髪を描くための基本をたっぷり
髪の魅力を活かす顔の描き方からはじまり、髪の毛の構造や捉え方、立体感、重量感、束感、毛先表現などなど知っておきたい基本をてんこ盛りです。

・ヘアスタイルをデザインする知識
髪の結い方、編み込みの考え方から、柔らかさ・パッツン・ウェーブなど髪の毛の表現方法、ヘアピン・ヘアゴム・カチューシャなど髪と組み合わせるアイテムなど、キャラのヘアスタイルを魅力的にデザインするために役に立つ知識を一挙公開します。

・演出と構図のアイデアも盛りだくさん
髪の毛を活かして柔らかさや色気を演出する方法、髪の毛を最大限に活用した構図や視線誘導の知識なども図解でバラエティに紹介。さらにCLIP STUDIO PAINTを使った塗り方の基本も解説します。

●ダウンロード特典もあります!

・カバーイラストのレイヤー付き画像データ
髪の魅力があふれるカバーイラストのレイヤー付き画像データをダウンロードできます。細かいタッチをじっくり観察できます。

・カバーイラストのメイキング動画
10時間超の工程を早送りでまとめたメイキング動画です。カバーイラストの作画の流れがわかります!

・髪塗りに役立つブラシ
Chapter 5で解説する、髪塗りに使いやすい5種類のCLIP STUDIO PAINT PRO/EX用ブラシを配布します。

■Chapter1 基本の描き方
■Chapter2 髪型のアレンジ
■Chapter3 髪の毛を活かした演出
■Chapter4 髪の毛で魅せる構図
■Chapter5 髪の塗り方
挿絵の大半がほぼラフ状態

Paryiが全力で教える「髪」の描き方 ヘアスタイルにこだわる作画流儀

https://www.amazon.co.jp/dp/4815607168

 


DX進化論 つながりがリブートされた世界の先

繋がりとはデザイン

尾原和啓(おばら かずひろ)
1970 年生まれ。京都大学大学院工学研究科応用システム専攻人工知能論講座修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、NTT ドコモの i モード事業立ち上げ支援、リクルート(2回)、ケイ・ラボラトリー(現:KLab、取締役)、コーポレイトディレクション、サイバード、電子金券開発、オプト、 Google、楽天(執行役員)の事業企画、投資、新規事業に従事。経済産業省対外通商政策委員、産業総合研究所人工知能センターアドバイザー等を歴任。著書に『アフターデジタル』(共著、日経 BP)、『ITビジネスの原理』(NHK出版)、『モチベーション革命』(幻冬舎 NewsPicks book)、『プロセスエコノミー』(幻冬舎)など多数。山口周氏との共著に『仮想空間シフト』(MdN 新書)がある。
宮田裕章(みやた ひろあき)
1978 年生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業。慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授。専門はデータサイエンス、科学方法論。2003年、東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)。2015年より現職。専門医制度と連携した NCD、LINE×厚生労働省「新型コロナ対策のための全国調査」など、科学を駆使し社会変革を目指す研究を行う。 2025 年日本国際博覧会(大阪・関西万博)テーマ事業プロデューサーのほか、厚生労働省 保健医療2035 策定懇談会構成員、厚生労働省 データヘルス改革推進本部アドバイザリーボードメンバーなど。著書に『共鳴する未来』(河出新書)、『データ立国論』(PHP 新書)がある。
山口周(やまぐち しゅう)
1970 年生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー。電通、ボストン・コンサルティング・グループ、コーン・フェリーヘイグループ等で企業戦略策定、文化政策立案、組織開発に従事。現在、株式会社ライプニッツ代表、株式会社中川政七商店、株式会社モバイルファクトリー社外取締役。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 』(光文社新書)でビジネス書大賞 2018 準大賞、HRアワード2018 最優秀賞(書籍部門)を受賞。その他の著書に、『ニュータイプの時代』(ダイヤモンド社)、『ビジネスの未来』(プレジデント社)、『自由になるための技術』 リベラルアーツ(講談社)などがある。

これからの社会、ビジネスの未来が見える必読書

「消費」「資本主義」「国家」が変化する中、私たちの「武器」になるのは何か。

コロナ禍により、人と人のつながり方や社会のあり方が問われている今、データの適切な活用こそ、多様な価値観を受け入れあいながら、豊かに生きることを支える原動力となる。多元的な価値や意味性を内包していく複数のレイヤーで再構成される社会、そこでは公、共、私の掛け合わせによる多元的な社会契約が必要になっていく。
わたしたちの消費や資本主義、そして国はどのように変わっていくのか。
これからの社会、ビジネスの未来をテーマに気鋭の著者が繰り広げる「未来をハック」する書。

「自分たちで世界に手を伸ばしながら、共につながり方をデザインできる未来へ」

〈本書の内容〉
はじめに:DXが本当に変革するものとは?
「つながりすぎた先にある、本当の変化―暗いトンネルを抜けて見えるもの」
Chapter1:DXは世界をどう変えたのか
Chapter2:私たちはネットの中でつながっている
Chapter3:「生きる」をリ・デザインする
Chapter4:世界はどこに向かうのか
Last Chapter:「進化するDX」後の世界

〈「はじめに」より抜粋〉
新型コロナウイルスによりリアルが分断され、オンライン・仮想空間への強制シフトが進む一方、プライバシーやデータなど、つながりすぎたことへの不安や恐怖が増し、GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンドットコム、マイクロソフト)とよばれる巨大ITプレイヤーと国は対策の中でせめぎ合いを展開しています。
ただ、私たちに「つながらない」状態に戻るという選択肢はあるのでしょうか?
つながり続けることを選択した時に、我々の社会は、基盤となる資本主義などルールは、何より人はどこに向かうのでしょうか?
コロナによる強制的ともいえるオンラインでのつながりシフトへの混乱、つながりの加速によるプライバシーへの不安、このトンネルの先には、果たして明るい未来があるのでしょうか?
本書は「ある」と信じている3人が見ている未来を交錯させたもので、「つながりすぎた先にある、本当の変化」を浮き彫りにしていきます。
テクノロジーを活用した「最大”多様”の最大幸福」を構想。

DX進化論 つながりがリブートされた世界の先

https://www.amazon.co.jp/dp/4295202118

 


デジタル・ファシズム: 日本の資産と主権が消える (NHK出版新書 655)

「深く考える力」と「想像力(!?)」は、貴方の人生にとって最高の宝物となるであろうか(280頁)?

国際ジャーナリスト。東京都生まれ。ニューヨーク州立大学国際関係論学科卒。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号。
国連、米野村證券などを経て、米国と日本の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、取材現場と公文書による調査報道で活躍中。
講演や各種メディア出演などに幅広く活躍。
著書に『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』(黒田清・日本ジャーナリスト会議新人賞)『ルポ 貧困大国アメリカ』(三部作、岩波新書)で中央公論新書大賞、日本エッセイストクラブ賞受賞。
『日本が売られる』(幻冬舎新書)、『沈みゆく大国アメリカ』(二部作、集英社新書)、『政府は必ず嘘をつく』(二部作、角川新書)、『社会の真実の見つけかた』(岩波ジュニア新書)他著書多数。

"街も給与も教育も、米中の支配下に!?

コロナ禍の裏で、デジタル改革という名のもとに恐るべき「売国ビジネス」が進んでいるのをご存じだろうか?
アマゾン、グーグル、ファーウェイをはじめ米中巨大テック資本が、行政、金融、教育という、日本の“心臓部""を狙っている。
デジタル庁、スーパーシティ、キャッシュレス化、オンライン教育、マイナンバー……
そこから浮かび上がるのは、日本が丸ごと外資に支配されるXデーが、刻々と近づいている現実だ。
果たして私たちは「今だけ金だけ自分だけ」のこの強欲ゲームから抜け出すことができるのか?
20万部超のベストセラー『日本が売られる』から3年。
気鋭の国際ジャーナリストが、緻密な取材と膨大な資料をもとに暴く、「日本デジタル化計画」の恐るべき裏側!"
資産と主権だけではない 人格も消える

デジタル・ファシズム: 日本の資産と主権が消える (NHK出版新書 655)

https://www.amazon.co.jp/dp/4140886552

 


SCULPTORS05 スカルプターズ05 (玄光社MOOK)

 

 

オリジナル造形と原型の不定期ビジュアルブック

フィギュア、ゲーム、CM、映画、そしてアートのジャンルで最も造形力のあるクリエイターたちの旬の作品、最先端テクニックを集めたまとめ本です。
アナログ・デジタル双方の気鋭の作家たちの作りおろし&オリジナル作品を満載。商品になった段階では見ることのできない粘土原型写真や、制作過程のハウツー、デザイン論も多数収録。05では造形の実在感を決める「テクスチャ・質感表現」と命を吹き込む「塗り」に注目し、スカルプター、フィニッシャーたちが質感・ペイント・テクニックについてコメント&レクチャーします。
巻頭は大山竜氏による話題作「黒龍 ミラボレアス」の粘土造形メイキング。また、竹谷隆之氏による新連載も開始。

【特集】
塗りと質感

【参加作家】
大山竜、MICHIRU imai、藤本圭紀、植物少女園/石長櫻子、Sagata Kick、大畠雅人、林浩己、Juanjuan、MIDORO、峠野ススキ、針桐双一、まっつく、米山啓介、竹内しんぜん

【フィニッシャー特集】
矢竹剛教、MAマン、明山勝重、面球儿、村上圭吾、土肥典文(腐乱犬)、田川弘、鳴海、かりんとう、n兄さん

【新連載】竹谷隆之 モウソウデザインのススメ。

【巻頭イラスト】キナコ
キナコ
教本っとしては全体の1割位あるかなぁ?

SCULPTORS05 スカルプターズ05 (玄光社MOOK)

https://www.amazon.co.jp/dp/4768315364

 


プロフィール

WEBBASE

Author:WEBBASE
インターネットやスマートフォンの普及により年々増えているネットショップですが、コロナウイルスの影響により今後も市場は拡大すると見通されています。そのため、新たにネットショップを開業してみたい!と考えている方も少なくないのではないでしょうか。本記事では、ネットショップのメリット・デメリットや種類、開業方法についてご紹介していきます。

最新記事