やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん アヤノ&ミオと一緒に学ぶ 機械学習の理論と数学、実装まで



 

機械学習を学ぶに当たりはじめに読むべき良書

機械学習にこれから取り組んでみたいエンジニア。機械学習に興味があるけれど数式がなかなか理解できない方。プログラムを書いて動かすところまでやってみたい方。会話形式だからすいすい読める、エンジニアのための入門書。

数学がニガテでも大丈夫! 機械学習をやさしく学ぼう

「機械学習に興味があるけど、どの本を見ても数式が出てきて、分からない・・・」

本書は、そんな方にぴったりの本で機械学習を勉強中のプログラマ「アヤノ」と、友達の「ミオ」の会話を通じて、楽しく学んでいきます。

本書では、

・そもそも機械学習がどうして注目を集めているのか?
・機械学習でできることにはどんなことがあるのか?
・どんな時に、回帰や分類を使うと有効なのか?

といった基本的なところから始まり、

・回帰や分類の具体的な題材に対して、どのように解決方法を考えていくのかをステップバイステップで解説
・その解決方法を数式の形で表すとどうなるのかも、丁寧に説明
・実際にプログラムの形にした場合の例

まで、丁寧に、じっくりと説明していきます。

とくに、数式については、高校で習った数学を忘れている方でも分かるように、つまづきやすいところや理解しにくいところを重点的に解説します。

機械学習の数式に対するモヤモヤを、一掃したいエンジニアの方に最適な1冊です。

【各章の概要】
● Chapter1 ふたりの旅のはじまり

機械学習がどうして注目を集めるようになってきているのか、また機械学習を使うと、どういうことができるのか、といった概要について説明しています。
また、回帰、分類、クラスタリングといったアルゴリズムについて簡単に解説しています。

● Chapter2 回帰について学ぼう ~ 広告費からクリック数を予測する

「広告にかける費用から、クリック数を予測する」を題材として、回帰について学びます。まずは予測するためにどんな式を導けばよいかをシンプルな例で考えて、それが求める結果に近づくようにするための方法を考えていきます。

● Chapter3 分類について学ぼう ~ 画像サイズに基づいて分類する

「画像のサイズから、縦長と横長に分類する」を題材として、分類について学びます。Chapter2 と同様に、分類のためにどんな式を導けばよいかをまず考え、それを最適な結果に近づけるための方法を考えていきます。

● Chapter4 評価してみよう ~ 作ったモデルを評価する

Chapter4 では、Chapter2とChapter3 で考えたモデルがどのくらい正しいかの精度を確認していきます。どのようにモデルを評価するのか、また、評価するための指標にはどんなものがあるのかについて学習します。

● Chapter5 実装してみよう ~ Pythonでプログラミングする

Chapter5では、Chapter2 からChapter4 までで学んだ内容を元に、Python でプログラミングをしていきます。ここまで数式で考えてきたことを、どのようにプログラミングしていけばいいかが分かります。
※プログラムはPython 3で実装します

Appendix
Appendixには、Chapter1 からChapter5 までに入りきらなかった数学やプログラミングの解説を入れていますので、必要に応じて参照してください。
総和の記号・総積の記号/微分/編微分/合成関数/ベクトルと行列/幾何ベクトル/指数・対数/Python 環境構築/Python の基本/NumPy の基本

やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん アヤノ&ミオと一緒に学ぶ 機械学習の理論と数学、実装まで

https://www.amazon.co.jp/dp/B075GSMZDS

 


DX進化論 つながりがリブートされた世界の先

繋がりとはデザイン

尾原和啓(おばら かずひろ)
1970 年生まれ。京都大学大学院工学研究科応用システム専攻人工知能論講座修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、NTT ドコモの i モード事業立ち上げ支援、リクルート(2回)、ケイ・ラボラトリー(現:KLab、取締役)、コーポレイトディレクション、サイバード、電子金券開発、オプト、 Google、楽天(執行役員)の事業企画、投資、新規事業に従事。経済産業省対外通商政策委員、産業総合研究所人工知能センターアドバイザー等を歴任。著書に『アフターデジタル』(共著、日経 BP)、『ITビジネスの原理』(NHK出版)、『モチベーション革命』(幻冬舎 NewsPicks book)、『プロセスエコノミー』(幻冬舎)など多数。山口周氏との共著に『仮想空間シフト』(MdN 新書)がある。
宮田裕章(みやた ひろあき)
1978 年生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業。慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授。専門はデータサイエンス、科学方法論。2003年、東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)。2015年より現職。専門医制度と連携した NCD、LINE×厚生労働省「新型コロナ対策のための全国調査」など、科学を駆使し社会変革を目指す研究を行う。 2025 年日本国際博覧会(大阪・関西万博)テーマ事業プロデューサーのほか、厚生労働省 保健医療2035 策定懇談会構成員、厚生労働省 データヘルス改革推進本部アドバイザリーボードメンバーなど。著書に『共鳴する未来』(河出新書)、『データ立国論』(PHP 新書)がある。
山口周(やまぐち しゅう)
1970 年生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー。電通、ボストン・コンサルティング・グループ、コーン・フェリーヘイグループ等で企業戦略策定、文化政策立案、組織開発に従事。現在、株式会社ライプニッツ代表、株式会社中川政七商店、株式会社モバイルファクトリー社外取締役。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 』(光文社新書)でビジネス書大賞 2018 準大賞、HRアワード2018 最優秀賞(書籍部門)を受賞。その他の著書に、『ニュータイプの時代』(ダイヤモンド社)、『ビジネスの未来』(プレジデント社)、『自由になるための技術』 リベラルアーツ(講談社)などがある。

これからの社会、ビジネスの未来が見える必読書

「消費」「資本主義」「国家」が変化する中、私たちの「武器」になるのは何か。

コロナ禍により、人と人のつながり方や社会のあり方が問われている今、データの適切な活用こそ、多様な価値観を受け入れあいながら、豊かに生きることを支える原動力となる。多元的な価値や意味性を内包していく複数のレイヤーで再構成される社会、そこでは公、共、私の掛け合わせによる多元的な社会契約が必要になっていく。
わたしたちの消費や資本主義、そして国はどのように変わっていくのか。
これからの社会、ビジネスの未来をテーマに気鋭の著者が繰り広げる「未来をハック」する書。

「自分たちで世界に手を伸ばしながら、共につながり方をデザインできる未来へ」

〈本書の内容〉
はじめに:DXが本当に変革するものとは?
「つながりすぎた先にある、本当の変化―暗いトンネルを抜けて見えるもの」
Chapter1:DXは世界をどう変えたのか
Chapter2:私たちはネットの中でつながっている
Chapter3:「生きる」をリ・デザインする
Chapter4:世界はどこに向かうのか
Last Chapter:「進化するDX」後の世界

〈「はじめに」より抜粋〉
新型コロナウイルスによりリアルが分断され、オンライン・仮想空間への強制シフトが進む一方、プライバシーやデータなど、つながりすぎたことへの不安や恐怖が増し、GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンドットコム、マイクロソフト)とよばれる巨大ITプレイヤーと国は対策の中でせめぎ合いを展開しています。
ただ、私たちに「つながらない」状態に戻るという選択肢はあるのでしょうか?
つながり続けることを選択した時に、我々の社会は、基盤となる資本主義などルールは、何より人はどこに向かうのでしょうか?
コロナによる強制的ともいえるオンラインでのつながりシフトへの混乱、つながりの加速によるプライバシーへの不安、このトンネルの先には、果たして明るい未来があるのでしょうか?
本書は「ある」と信じている3人が見ている未来を交錯させたもので、「つながりすぎた先にある、本当の変化」を浮き彫りにしていきます。
テクノロジーを活用した「最大”多様”の最大幸福」を構想。

DX進化論 つながりがリブートされた世界の先

https://www.amazon.co.jp/dp/4295202118

 


はじめてのUXリサーチ ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために

プロジェクト伴走型UXリサーチのお手本

 

現役リサーチャーによる
現場で生きるノウハウ満載!

よりよいサービスを開発していく上で、
いまUXリサーチの重要性が高まっています。

「作り手の思い込みではなく
エビデンスに基づいて意思決定ができる」、
また「顧客にとっての価値を制作のより早い
段階でサービスに反映できる」ことから、
プロダクトマネージャーやデザイナーなど、
多様な職種の人が、現場の課題や目的に応じて、
UXリサーチを取り入れようとしています。

本書は、そうした方に向けた
UXリサーチの入門書です。

UXリサーチの基本的な捉え方から、
組み立て方、手法、
または組織で活かせる仕組みの作り方や
仲間の増やし方、実践知の共有まで、
ひとりでも小さく始めて続けられる
ノウハウをまとめています。

ケーススタディでは、
メルペイUXリサーチチームの
現役UXリサーチャーが
現場で実践している方法を
7つの事例にもとづいて解説します。

さらに、付録として実践で使える
テンプレートがダウンロードできます。

〈こんな状況で役立ちます〉
・ひとりで小さく始めたい
・仲間を増やして一緒に実践したい
・続けられる仕組みを作りたい
単純な手法紹介に留まらず、UX部門のような横串組織の在り方もわかる

はじめてのUXリサーチ ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために

https://www.amazon.co.jp/dp/4798167924

 


NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来

 

ツイート、VRアート、ゲーム内コンテンツなど、
なぜ、デジタルデータが資産となり、取り引きされるようになったのか?
アート、国内外ゲーム、メタバース、スポーツ、トレーディングカード、ファッション、音楽、テクノロジー、法律、会計。NFT(Non-Fungible Token=ノン・ファンジブル・トークン)の各ジャンルで活躍する28人の執筆者が最前線を解説。NFTに興味をもつすべての方を対象とし、ビジネスや技術といった社会実態から法律・会計・税務上の取扱いなどの制度面に至るまでを幅広くカバーした総合的なテキストブック!
■第1章 NFTビジネスの全体像
【NFTの現状】天羽健介(日本暗号資産ビジネス協会 NFT部会長)
【NFTの概況とマーケットプレイス】中島裕貴(コインチェック)
【NFT×アート】高長徳(スマートアプリ)
【NFT×メタバース】福永尚爾(BeyondConcept)
【NFT×国内ゲーム】小澤孝太(CryptoGames)
【NFT×海外ゲーム】セバスチャン・ボルジェ(The Sandbox)
【NFT×スポーツ】アレクサンドル・ドレフュス・元木佑輔(Chiliz)
【NFT×トレーディングカード】奥秋淳(coinbook)
【NFT×ファッション】平手宏志朗(Joyfa)
【NFT×音楽】神名秀紀(KLEIO)
【NFT×海外発NFT特化型ブロックチェーン】ミカエル・ナイーム・北原健(Dapper Labs)
【NFT×国内発NFT特化型ブロックチェーン】吉田世博(HashPort)
【NFTの技術的課題】善方淳(コインチェック)
■第2章 NFTの法律と会計
【NFTの法律関係】増田雅史・古市啓(森・濱田松本法律事務所)
【NFTの金融規制】長瀨威志・小牧俊(アンダーソン・毛利・友常法律事務所)
【その他の法的諸問題】斎藤創・浅野真平・今成和樹(創・佐藤法律事務所)
【NFTの会計と税務】小笠原啓祐(監査法人トーマツ)・藤井行紀(デロイト トーマツ税理士法人)
■第3章 NFTの未来
【NFTと無形資産】神本侑季 (N.Avenue / CoinDesk Japan)
【NFTの市場づくり】関口慶太(日本経済新聞社)
【世界とNFT】ヤット・シュウ(Animoca Brands)
【NFTの展望】國光宏尚(Thirdverse / FiNANCiE )

ツイート、VRアート、ゲーム内コンテンツなど、
なぜ、デジタルデータが資産となり、取り引きされるようになったのか

アート、国内外ゲーム、メタバース、スポーツ、トレーディングカード、ファッション、音楽、テクノロジー、法律、会計。NFT(Non-Fungible Token=ノン・ファンジブル・トークン)の各ジャンルで活躍する28人の執筆者が最前線を解説。NFTに興味をもつすべての方を対象とし、ビジネスや技術といった社会実態から法律・会計・税務上の取扱いなどの制度面に至るまでを幅広くカバーした総合的なテキストブック!

■第1章 NFTビジネスの全体像
【NFTの現状】天羽健介(日本暗号資産ビジネス協会 NFT部会長)
【NFTの概況とマーケットプレイス】中島裕貴(コインチェック)
【NFT×アート】高長徳(スマートアプリ)
【NFT×メタバース】福永尚爾(BeyondConcept)
【NFT×国内ゲーム】小澤孝太(CryptoGames)
【NFT×海外ゲーム】セバスチャン・ボルジェ(The Sandbox)
【NFT×スポーツ】アレクサンドル・ドレフュス・元木佑輔(Chiliz)
【NFT×トレーディングカード】奥秋淳(coinbook)
【NFT×ファッション】平手宏志朗(Joyfa)
【NFT×音楽】神名秀紀(KLEIO)
【NFT×海外発NFT特化型ブロックチェーン】ミカエル・ナイーム・北原健(Dapper Labs)
【NFT×国内発NFT特化型ブロックチェーン】吉田世博(HashPort)
【NFTの技術的課題】善方淳(コインチェック)

■第2章 NFTの法律と会計
【NFTの法律関係】増田雅史・古市啓(森・濱田松本法律事務所)
【NFTの金融規制】長瀨威志・小牧俊(アンダーソン・毛利・友常法律事務所)
【その他の法的諸問題】斎藤創・浅野真平・今成和樹(創・佐藤法律事務所)
【NFTの会計と税務】小笠原啓祐(監査法人トーマツ)・藤井行紀(デロイト トーマツ税理士法人)

■第3章 NFTの未来
【NFTと無形資産】神本侑季 (N.Avenue / CoinDesk Japan)
【NFTの市場づくり】関口慶太(日本経済新聞社)
【世界とNFT】ヤット・シュウ(Animoca Brands)
【NFTの展望】國光宏尚(Thirdverse / FiNANCiE )
 

NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来

https://www.amazon.co.jp/dp/4022517972

 


ゼロからわかるビジネスInstagram 結果につながるSNS時代のマーケティング戦略



SNS初心者でもわかりやすい

慶應義塾大学総合政策学部卒。人材系企業で基幹事業のデジタルマーケティング全般を担当し、
2019年にSNSマーケティング支援・グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析を行う株式会社ホットリンクに入社。
企業のInstagramマーケティング支援や、ソーシャルメディアマーケティングの研究機関「ホットリンク総研」の研究員としてInstagramマーケティングのメソッド開発に従事。Instagram世代の購買行動プロセス「UDSSAS(ウドサス)」を提唱。

一番わかりやすいInstagramマーケティングの入門書が登場!
予算や知名度に頼らず結果を出すために必要な考え方や行動を、マーケティングのプロが解説します。
Instagramの使い方からフォロワーの増やし方、売上げを伸ばすカギ…といった
Instagramアカウントの「中の人」が知りたいことを一冊に詰め込みました。
2021年1月時点の最新情報に対応しています。

Chapter1 なぜInstagramでモノが売れるの?
Instagramの特徴
なぜInstagramでモノが売れるの?
Instagramで重要な「口コミ」の力
Instagramに向いている商材は?
Instagram活用のメリット1低コストではじめられる
Instagram活用のメリット2視覚的な訴求に向いている 長期的な資産になる
Instagram活用のメリット3興味を持ってくれるユーザーにマッチングしやすい
Instagram活用のメリット4ユーザーとの距離が近い

Chapter2 Instagramアカウントを作成しよう
運用の目的と目標を明確化しよう
誰に向けて情報を発信するのかをイメージしよう
伝えることとブランディングの方向性を決めよう
具体的にどのような運用をするのかを決めよう
アカウントを作成しよう
ビジネス用アカウントに変更しよう/ Facebookとの連携
Instagramの主な機能の使い方と役割
Instagramショップの申請と使い方
ガイドラインを共有してブレないアカウントにする

Chapter3 Instagramの機能と仕組みを知ろう
インサイトデータの見どころポイント
フォロワーを増やしたい2つの理由
フォロワーが増える仕組みを見てみよう
ハッシュタグ、発見タブから見つけてもらうには?
投稿する時間帯も重要! ユーザー数の多いタイミングを狙う
ユーザーからタグ付け/メンションをしてもらう
位置情報を活用する
クリック率を上げるポイント
フォロワーと積極的に交流しよう
ショッピング機能の活用
ストーリーズスワイプアップの工夫

Chapter4 写真や動画を投稿しよう
投稿ペースを一定に保つ
Instagram投稿の主なパターン
インスタで反応される写真撮影のコツ
実は計算されている! 今日から使えるデザイン知識
縦型画面を生かした構図に
あえて文字を読ませるコンテンツ
投稿素材に困ったら
アカウント運営をサポート! 無料で使えるお役立ちツール
炎上やトラブルを防ぐ! アカウント運営の注意点

< Interview>「;インスタ映え」する写真のコツ

Chapter5 ファンを育ててUGCを盛り上げよう
ユーザーに好まれるアカウントに育てる
熱心なファン、リピーターとつながる
独自のハッシュタグを作ろう
UGCの「見本投稿」でユーザーの投稿ハードルを下げる
ユーザー投稿をリポストする
UGCの切り口を増やす
ミーム化
スナップマートを使う
UGC創出の観点
スタッフ自ら「生の声」を発信をする

< Interview> UGCを盛り上げる

Chapter6 プラスアルファの施策
ハッシュタグを使い分けて商品ごとに情報を整理する
広告で投稿をブーストする
ブランドコンテンツ広告でUGCを活用する
インフルエンサーに協力を求める
インスタでビジネスを始めたい人に

ゼロからわかるビジネスInstagram 結果につながるSNS時代のマーケティング戦略

https://www.amazon.co.jp/dp/4815608156

 


プロフィール

WEBBASE

Author:WEBBASE
インターネットやスマートフォンの普及により年々増えているネットショップですが、コロナウイルスの影響により今後も市場は拡大すると見通されています。そのため、新たにネットショップを開業してみたい!と考えている方も少なくないのではないでしょうか。本記事では、ネットショップのメリット・デメリットや種類、開業方法についてご紹介していきます。

最新記事