待望の続編『トップガン』の製作には、さまざまなチャレンジがあった。一番大変だったのは、ジャケットです。

待望の続編『トップガン』の製作には、さまざまなチャレンジがあった。中でも特に重要だったのは、スターをアクションの中心に据えて、目を見張るような空中アクションを撮影する方法を見出すことだった。(ジョセフ・コシンスキー監督によると、この努力の結果、800時間分の映像が完成したそうだ)。

「一番大変だったのは、ジャケットです。トムはジャケットにとても苦労していました」とMaverickの脚本家Christopher McQuarrieはEmpire誌に語っています。トニー・スコットが監督した『トップガン』では、様々な場面でクルーズがワッペンのついたアビエータージャケットを着用している。しかし、このジャケットを復活させるべきかどうかという問題は、本当に頭痛の種でした。「あのジャケットは、多くの人にとって大きな問題だった。みんな、『マーベリックの大きな特徴だ!』と言っていた。

最終的に、マーベリックのヴィンテージジャケットには、特定の機能を持たせるという解決策が見出されました。「マーベリックのヴィンテージジャケットには、特定の機能があります。ラッキーなジャケットなんだ」とクルーズは言います。マッカリー監督はこう説明します。「今、私たちは彼にクローゼットを開けさせ、奥に入り、それを取り出して特別な機会に着せるのです。私はトムに『あなたがジャケットを着るのであって、ジャケットがあなたを着るのではない』と言ったんです。マーベリックはマーベリックのままだが、過去に囚われてはいないんだ。"

トム・クルーズが演じる「トップガン」のフライトジャケットには、台湾と日本の国旗が検閲されている予告編映像がありますが、5月25日(水)に台湾で公開される映画館では、両方の国旗が表示されています。5月25日(水)に全国の映画館で公開される台湾での劇場公開では、両国の国旗が表示されています。



2019年7月、トム・クルーズ演じるピート・"マーベリック"・ミッチェル大尉が着用する革製ボンバージャケットの背中を含むシーンで、日本と台湾の国旗を編集し、意味不明な記号に置き換えたパッチが登場!!3年後、5月に待ちに待った『トップガン』の公開を控え、多くのネットユーザーが、台湾と日本の国旗が映画に登場するのかどうかを推測し、5月22日にサンディエゴ海軍基地で行われた先行上映会で、復元された国旗を見たことを発表。

映画のオープニング・クレジット・シーンが始まると、マーベリックが古いロッカーでジャケットを吟味しながらゆっくりと着用していく姿が映し出される。台湾と日本の国旗が描かれたオリジナル版の海軍パッチがはっきりと確認できる。


全世界で公開された「トップガン」で見られたマーベリックのジャケット。マーベリック。(スクリーンショット:"Top Gun: Maverick. "より)

実はこのパッチは、ガルベストン号が1963年から1964年にかけて第7艦隊に所属し、日本や台湾で任務に就いたことを記念して作られたもの。台湾の視聴者は、台湾の国旗が復元されたことに胸をなでおろした。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WEBBASE

Author:WEBBASE
インターネットやスマートフォンの普及により年々増えているネットショップですが、コロナウイルスの影響により今後も市場は拡大すると見通されています。そのため、新たにネットショップを開業してみたい!と考えている方も少なくないのではないでしょうか。本記事では、ネットショップのメリット・デメリットや種類、開業方法についてご紹介していきます。

最新記事